看護師

【新人〜3年目】看護師を辞めたいと思ったあなたへ

いつもお仕事お疲れ様です。

看護師って本当に大変な仕事ですよね。

勉強は大変だし、業務は多くて余裕はないし、責任は重いし、その割に給料は低いし、業務以外にも勉強会への参加、院内研修、係や委員会・・・こんなに大変だと思っていなかった。

辞めたいなと思いながら働いている人も多いと思います。

コロナ禍で就職し、仕事以外のリフレッシュもほとんどできないまま、忙しい毎日に心が死んでいるあなたへ。

少し立ち止まってみませんか。

その気持ちは間違っていない

まずは「辞めたい」というその気持ちを認めてあげてください。

まだこれしか働いていないのに、辞めたいなんて弱いんじゃないか、逃げてるんじゃないか、なんて思う必要はないです。

普通にできている同期と比べて、なんで自分はできないんだろうと悩む必要もないです。

人それぞれ感じ方も得手不得手もキャパも違います。

あなたが感じている気持ちを否定しなくていい。

そのままを一旦受け入れましょう。

その気持ちを吐き出してみる

あなたの気持ちを出せる場所はありますか?

家族でも友達でも同期でもパートナーでもSNSでも日記でも。

気持ちを内に溜めているとだんだんわからなくなってきます。

外に出してみると自分でも知らなかった思いに気づくことがあります。

私の場合はTwitterでした。

ありのままの気持ちをつぶやいていることで少し救われる気持ちになりました。

普段と違うと思ったら

夜眠れなくなる、朝起きられない、疲れが取れない、何もしたいと思えない、食欲がない、人に会いたくない、楽しいと思えない、人に優しくなれない、死んでもいいなと思う・・・

こんな風に感じたら、あなたは普段のあなたではないです。

まずは休みましょう。

そして心療内科を受診することをおすすめします。

受診することでガラッと大きく変わることはないですが、プロの第三者からの意見がもらえます。

もしあなたの働いている病院に産業医がいればそこに相談するのが一番いいと思います。

師長に言わないと話は進まないかもしれませんが、まずは現状を話してみましょう。

無理しなくていい

そんなこと言ったって無理するしかないんだよって思いますよね。

わかります。

私もそう思ってました。

休めない。

迷惑かけられない。

一度休んでしまったら終わりな気がする。

でもね、言い切れます。

そんなことないです。

あなたがいなくても職場はどうにか回ります。

なんとかなります。

でもあなたが壊れてしまったら、もうどうにもなりません。

あなたのことだけを一番に考えてあげてください。

休職できるなら休職しよう

心療内科を受診して、診断書をもらって、休職しましょう。

職場によって休職期間や給料は違うと思うので確認が必要です。

辛いことから一度離れてまっさらな状況で考えてみましょう。

色々と考えることはあると思いますが、まずはゆっくり心を休めてあげましょう。

復職するか辞めるのか

休職している中で心が回復してきたらこの先どうするか考えてみましょう。

元の職場に戻るのか。

辞めて転職するのか。

最低3年は働かないと、とか言われてますよね。

また看護師はラダーが3年で組まれていることが多いので途中で辞めてしまうことに不安があると思います。

わかります。

でも、大丈夫です。

3年経たずに辞めて転職した友人は数多くいますが、みんな次の職場で普通に働けています。

病院だったりクリニックだったり老健だったり訪問だったり派遣だったり。

就職活動していたときにはわからなかったけど、看護師って働き方も色々ありますよ。

そこまで思い詰めなくても大丈夫です。

こんな感じの転職サイトを覗いてみるのもいいと思います。

看護師の転職なら【キララサポート看護】 看護師転職サイト『ナースJJ』 看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】 看護師の転職ならジョブデポ看護師

なんだこんなに仕事あるじゃん、大丈夫じゃんって気づけると思います。

新卒で就職した病院が全てじゃないです。

世界は広いですよ。

なんなら看護師じゃなくたっていいんです。

ゆっくり他にやりたいことを探したっていい。

自分にはこれしかない、ここしかないって思わないで欲しい。

可能性は無限です。

まとめ

仕事が辛い、看護師を辞めたいって思うことは決しておかしいことじゃないです。

あなたが壊れてしまう前に立ち止まることも大事なことだと思います。

少しでもあなたに届きますように。

Pocket